ガーリー速報|ダイエット2chまとめ

ガーリー速報は、ダイエット・美容の2chまとめブログ。脂肪を減らす筋トレ・エクササイズ・有酸素運動や痩せるための食事・ダイエットレシピ、美容法なども紹介するダイエット情報まとめサイトです。

1: 名無しさん@お腹いっぱい。
仕事のない土日祝にやるのがいいらしい
今月三連休2回あるからやってみようかと思ってるんだが


2: 名無しさん@お腹いっぱい。
空腹に耐えられる自信ないからやったことない


3: 名無しさん@お腹いっぱい。
ファスティングは本当にオススメ 身体が一気に軽くなる


4: 名無しさん@お腹いっぱい。
身体に悪いからやらない


5: 名無しさん@お腹いっぱい。
一週間に一日もしくは2週間に2日の断食を勧められてやった事がある
ずっとやり続けないとダメらしいが
続かなかった


6: 名無しさん@お腹いっぱい。
いきなり断食したら体に悪そう


7: 名無しさん@お腹いっぱい。
>>6
いきなりじゃなくて前日からこういうの食べようっていう準備段階がある
そして断食へ入る
緑茶や紅茶は飲んでオッケー


96: 名無しさん@お腹いっぱい。
>>7
ブラックコーヒーや炭酸水はダメですか?


99: 名無しさん@お腹いっぱい。
>>96
刺激強すぎ
だめ


8: 名無しさん@お腹いっぱい。
1日断食ならやったことある
結構スッキリする


10: 名無しさん@お腹いっぱい。
いきなり3日とかマジで手足が動かなくなるからやめたほうがいい


13: 名無しさん@お腹いっぱい。
車と同じで毎日動かしてた方が断然調子いい


14: 名無しさん@お腹いっぱい。
入院した時に1週間絶食したが
嫌いな食べ物もマジで好きになった
そのかわり食べ物粗末にする奴と、大食いが心底嫌いになった


21: 名無しさん@お腹いっぱい。
>>14
その程度で極端なやつだな


19: 名無しさん@お腹いっぱい。
栄養士だけど~2日ならいいと思うよ
ただ体は飢餓状態だと思ってしまうので最初に食べるものを思いっきり吸収するので胃に優しいものを少しずつ食べてね
これを間違えるといわゆるリバウンドする人になっちゃう


24: 名無しさん@お腹いっぱい。
晩ごはん抜くくらいでいいんだよ


27: 名無しさん@お腹いっぱい。
健康とか関係ないけどおれは昼飯食うと眠くなるから少量にしてる
その後はまた空腹のときに少量食べる感じ


28: 名無しさん@お腹いっぱい。
下手すりゃ低血糖っで永眠することになるぞ


39: 名無しさん@お腹いっぱい。
>>28
サーカスの熊みたいに角砂糖1日に1個舐めてれば大丈夫だろ


29: 名無しさん@お腹いっぱい。
3日完全無食はやばいな
36時間ならあるけど空腹辛かった
けどその後一週間すげえ調子良かった


34: 名無しさん@お腹いっぱい。
食うのなんぼでも我慢できても酒飲まれへんのは無理ゲー


36: 名無しさん@お腹いっぱい。
胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療後でもないのに絶食とか
胃は勝手に動くし異常と判断したら脳になんか信号送っておかしな事になるから
普段から腹八分目を心掛けたらよろし


46: 名無しさん@お腹いっぱい。
素人が自己流でやるのが健康に良いわけない
寺の断食合宿にでも参加してみろ


49: 名無しさん@お腹いっぱい。
ある程度食べないと本当に食欲はなくなる


50: 名無しさん@お腹いっぱい。
そこで体重が減ってるのをみて嬉しさのあまり爆食いするやつがリバウンドする


52: 名無しさん@お腹いっぱい。
断食といっても水だけでやるのは自殺行為
塩入りの野菜ジュースや具なしの味噌汁などは最低でも飲めよ


53: 名無しさん@お腹いっぱい。
ダイエット目的ならわからんでもないが
基本毎日使うのが当たり前の胃を3日間も休ませてホントに健康に良いのかね


54: 名無しさん@お腹いっぱい。
一日で十分では
胃より今度は体内で作れないアミノ酸やらが不足して他に影響が出て来る


57: 名無しさん@お腹いっぱい。
3日は長すぎ
1日半で効果は出ると言われている


58: 名無しさん@お腹いっぱい。
3日目はたぶん入浴がきつくなる
湯船に浸かったら最後なかなか立ち上がれなくなるので
気を付けた方が良い


62: 名無しさん@お腹いっぱい。
食生活ちゃんとしてれば一晩で十分だよ
お前ら外食、中食比率が高すぎるのだ
野菜今食ってる量の10倍は食わないと


引用元: ・胃を休ませるために3日ほどの断食はいいらしいが実行したことある奴いる?

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ